都庁前血管外科・循環器内科

下肢静脈瘤

日帰りレーザー手術

リンパ浮腫外来

血管病総合治療センター

東京バスキュラークリニック〔併設〕

ストリッピング治療

保険適応

ストリッピング手術 (静脈抜去術) とは、伏在静脈瘤の標準的な治療で、弁の壊れた静脈を引き抜いてしまう手術です。

ストリッピング手術説明図とともに解説いたします。

伏在静脈瘤の標準的な治療で、弁の壊れた静脈を引き抜いてしまう手術です。そけい部と膝周囲の2ヵ所を切開して、悪くなった血管の中に手術用ワイヤーを通して血管と糸で結び、ワイヤーを引き抜くことによって静脈瘤を取り去ります。

エンドレーザー手術』と比べて術後の痛みが強く、出血や神経障害などの合併症が起こることがあります。
多くの施設では全身麻酔や下半身麻酔で3〜4日の入院となりますが、当院では
『日帰りストリッピング手術』を実施しております。

当院で実施している日帰りストリッピング手術は、点滴注射による静脈麻酔とTLA麻酔という特別な局所麻酔を使用して太もも (大腿部) のみにストリッピング手術を行います。 手術中は静脈麻酔により眠った状態になり、抜去する静脈周囲に注入するTLA麻酔で痛みを抑えます。

 

膝から下の静脈は抜去しないため、神経障害の合併は少ないですが、術後に残った小さい静脈瘤に対して硬化療法を後日行うこともあります。

 

手術終了後は回復室で30分ほどお休み頂いてからのご帰宅となります。この日帰りでの手術は当院の他、限られた施設でのみ行われています。

血管外科

診療時間・休診日

月曜〜金曜

AM9:00〜PM5:30

土曜(第1.3.5)

AM9:00〜PM5:00

(受付 PM4:00まで)

休診日

土曜(第2.4)・日曜・祝日

診療予約電話番号

03-5325-6556

医療法人社団ジーメディコ

都庁前血管外科・循環器内科

東京バスキュラークリニック〔併設〕

血管病総合治療センター

当院ではストリッピング手術器具としてLeMaitre社製の「InvisiGrip」を日本でいち早く導入しており、治療成績および手術時間の短縮など高成績をあげております。

お気軽にご来院、ご相談ください。

当院は完全診療予約制です。お電話にてご予約をして頂きますようお願い申し上げます。

診療予約電話番号

03-5325-6556

都庁前血管外科・循環器内科

東京バスキュラークリニック〔併設〕

血管病総合治療センター

160-0023

東京都新宿区西新宿6−6−3 新宿国際ビルディング 新館6F

03-5325-6566 / Fax 03-5325-5155